有限会社 南九州総合設計 - CAD・設計・3DCG(3DCAD)作成・各種プログラム開発・ホームページ制作

HOME > ソフトウェア製品 > サポート > ユーザー情報

ユーザー情報

ユーザー情報

・ご利用いただくためには、「LTメニューfor土木」購入時にユーザ登録をされている必要があります。
また、ユーザID及び製品パスワードは、メールにてお送りしています。
・「LTメニューfor土木」の新規購入は、こちらよりご購入のお申し込みをお願い致します。


LTメニューfor土木

LTメニューfor土木(LT2006まで対応)Ver 3.3のダウンロードページ
※「クロソイド曲線作図Ver1.1・座標点プロット・Auto_法面」が同梱された製品版です。
※ユーザーIDと製品パスワードが必要です。


☆LTメニューfor土木(LT2006まで対応)をインストールされるユーザー様へ☆
前バージョン(LT2005まで対応)をインストールされたパソコンに、新バージョンの「LTメニューfor土木」(LT2006まで対応)をインストールされる場合は、パスワードを要求するメッセージは出ませんが、新規にパソコンを買い換えられたり、他のパソコンに移替された場合に、新バージョン(LT2006まで対応)をインストールすると、パスワードを要求するメッセージが表示されます。その際は弊社までメールにてご連絡下さい。
ファイル名 LT_civ3.3.EXE
ファイルサイズ 35.1MB
公開日 2005/07/27
ダウンロード予想時間 モデム(64K)約1時間15分/ADSL(1M)約5分/光(100M)約1分
( )内は回線速度です。
ご注意
ダウンロード予想時間は計算によって得られた予測値です。実際のダウンロード時間は、ご使用の通信機器の性能、ネットワークの混雑度等によって、この時間より多くの時間がかかる場合があります。
「LTメニューfor土木」の前バージョンをご利用のユーザー様へ
ダウンロード時間が長時間になる場合は、CD版をお薦め致します。別途手数料を頂いて送付致しますので、送信致しました「ユーザID」と「製品パスワード」を必ずご記入の上、メールにてご連絡下さい。ご注文が届きましたら弊社より確認のメールを送信後、発送致します。
※手数料 1,470円税込
(振込手数料のご負担をよろしくお願いします。)

LTメニューfor土木(LT2006まで対応)のダウンロードについて

主な改訂内容
●Release.3(AutoCAD LT2000,LT2000i,LT2002,LT2004,LT2005,LT2006まで対応)
●【ツール】

・「もじもじくん_2」をVer3.1.1へバージョンアップ
・「座標点プロット」をVer3.1へバージョンアップ
・「LTらすた」を「LTらすた_proE」Ver3.4.2へ変更

※「まるごとプロット」は、オプションです。ご購入いただいた方のみ使用できます。


Tool

現在、「LTメニューfor土木」及びツールの前バージョンをご利用のユーザー様へ

追加ツール「クロソイド曲線作図 Ver2.1」・「座標点プロット」・「Auto_法面」・「※LTらすた_pro(E)」を「LTメニューfor土木」前バージョンに追加される場合はこちらのページよりダウンロードしてご利用ください。

「LTらすた_pro」のご利用には、画像表示用に 「Auto Desk社」の「 Volo View Express 2 」が必要です。
AutoCAD 2002 以前に配布されていたフリーソフトです。

「 Volo View Express 2 」をお持ちでない場合は、「LTらすた_proE」をダウンロードしてご利用ください。
「LTらすた_proE」は、「Volo View Express 2」を使用していないのでイメージ修正をした画像を、「LTらすた_proE」の画面では確認できませんが、その他の機能は「LTらすた_pro」と同じです。


平面図形情報

「平面図形情報」のダウンロード

ファイル名 MK_Inquiry.lzh
ファイルサイズ 466KB
公開日 2005/09/05
動作環境 対応OS:Windows2000、WindowsXP
(他のOSでも動作可能だと思われますが、「AutoCAD」の対応OSの関係より対象外としました。)

必要ソフト:AutoCAD LT 2000,2000i,2002,2004,2005,2006が正常に動作する環境
ダウンロード予想時間 モデム(64K)約1分/ADSL(1M)約5秒/光(100M)約1秒
( )内は回線速度です。
機能 【機 能】

「平面図形情報」は、ポリライン、スプライン、リージョンの図形の面積、周長、面積の図心の座標(X,Y,Z)を抽出できます。
土量計算で曲線半径の小さな箇所(R<50m)等は、土量計算に用いる点間距離は補正しなければなりません。いままでは図上で簡単に図心を得る方法がなく、結構時間がかかり面倒でした。

そんな時これを使うと一瞬にして図心を得ることができます。

※「LTメニューfor土木」の「ファイル起動」に登録してご利用ください。

LTらすた

「LTらすた_E」、「LTらすた_proE」を「LT2007対応」(Ver3.5)にバージョンアップいたしました。
「LTらすた_E」については、ダウンロードできるまでに1週間程時間がかかりますのでもうしばらくお待ちください。「LTらすた_pro(E)」については、弊社HPのこちらのページよりダウンロードできます。

ページ上部へ