有限会社 南九州総合設計 - CAD・設計・3DCG(3DCAD)作成・各種プログラム開発・ホームページ制作

HOME > ソフトウェア製品 > 計算用 > ブロック積(石積)擁壁の計算…

ブロック積(石積)擁壁の計算

ブロック積(石積)擁壁の安定計算.xlsVer2.5.3

制 作 日 2011/04/19
開発環境 機種:WindowsXP
使用ソフト:Microsoft Excel VBA
ソフト種 フリーウェア

概要

本プログラムはブロック積み擁壁の安定性を示力線法によって計算します。
法勾配および控え厚を入力することにより最大高を算出可能です。
安定条件をミドルサードの後方,前方,1/3以内から選択可能です。

本プログラムを作成する際に参考とした文献
・「土地改良事業標準設計図面集 利用の手引き 擁壁工」 平成11年3月 農林水産省構造改善局
・「道路土工-擁壁工指針」 平成12年6月社団法人 日本道路協会

image

1.SI単位・従来単位に対応しています。オプションボタンを切り替えることにより、自動で値が変わります。
まずはじめに単位系を選択してください。
ブロック積みの高さ・勾配等必要事項を入力後、裏込め土の選択画面を表示してください。
以下のようなフォームが表示されます。

image1

2.裏込め土の種類で「内部データ」を選択した場合は、土質区分リストで区分を選択するだけで、各条件が設定されます。
区分詳細を確認したい場合には[?]ボタンを押すと種類や内部摩擦角等が確認できます。
ここでも選択可能です。
入力値を選択した場合には土質・摩擦角・単位重量に値を入力して下さい。
全て入力後、計算条件画面を表示して下さい

image2

3.安全率・示力線の計算ピッチを入力後、安定条件をミドルサードの後方,前方,1/3以内から選択してください。
全ての入力が完了したら、[計算実行]ボタンを押して下さい。
下図のように計算結果が表示されます。
確認後、[×]を押して計算結果画面を終了して下さい。

image3

4.計算終了後、印刷する場合は[印刷設定]ボタンを押して下さい。
下図のようなフォームが表示されます。
必要があれば、「計算書名・擁壁名称」を入力後、印刷する項目を選択してください。
プリンタ設定を行った後、印刷を実行してください。
[印刷プレビュー]ボタンを押すと、計算書内容が確認できます。

image4

5.計算書サンプルを添付してありますので、ご覧になってみてください。

6.データの読込・書込のファイル形式は、「 .yhk」となります。

改訂内容

【Ver 2.5.2】
●文字化け等を修正。

【Ver 2.5.1】
●滑動安定計算に背面盛土が考慮されていなかったため修正。
●計算書の図の背面土の傾斜角の直線が反対になっているのを修正。

【Ver 2.4.2】
●計算書の図中の上載荷重qの単位が「従来単位」になっていたのを修正。

【Ver 2.4】
●条件で滑動と支持の両方を選択した場合に印刷範囲がすべて入らず一部欠けていたのを修正。

【Ver 2.3】
●滑動安定計算と地盤支持力計算の追加。
●限界高さの計算を、転倒計算が「OK」の場合にも可能にした。

【Ver 2.2_6】
●範囲指定の印刷の不具合を修正できていなかったため再修正。

【Ver 2.2_5】
●範囲指定の印刷の不具合を修正。

【Ver 2.2_4】
●計算書の盛土傾斜角βの表示を水平面に対する角に修正。

【Ver 2.2_3】
●計算書内のコンクリート設計基準強度の単位の間違いを修正。

【Ver 2.2】
●上載荷重Qが「0」の場合メッセージが表示され計算できなかったのを修正。
●起動時「SI単位」のとき上載荷重と単位体積重量の単位が「従来単位」になっていたのを修正。

【Ver 2.1】
●上載荷重QとX1の値の内いづれかに「0」を入力すると計算できなかったのを修正。
●地表面が水平面となす角を考慮する場合の計算の間違いの修正。
●背面傾斜、背面高さのいづれかが「0」の場合、計算できなかったのを修正。

動作環境

●対応OS: Windows2000   WindowsNT(SP4.0以上)  WindowsXP
●必要ソフト: Excel2000以降 (97については確認が取れておりません)
(インストールされた「Excel」が正常に動作する環境でご使用ください)
・Microsoft®、Windows®、Windows NT®は米国マイクロソフト社の米国およびその他の国における登録商標です。

著作権・免責事項

●著作権・転載等
「ブロック積(石積)擁壁の安定計算」 の著作権は㈲南九州総合設計が所有します。
転載時、又は転載後 メールにてご連絡下さい。
バージョンアップが行われた時には最新版を転載し直すようお願いします。

●免責事項
サポートは一切行っていません。障害発生はすべて使用者の責任において解決してください。
このプログラムを使用した事によって発生した損害は、一切保証しません。 

●ご意見・ご要望がございましたら、メールにてご連絡ください。

●バージョンアップ等はホームページでお確かめ下さい。

ページ上部へ